FC2ブログ

NPOいとなみ

糸島とアジアをつなぎ、森と海をつなぎ、いとなみといとなみをつなぐ「NPOいとなみ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

未来の森を創造しよう!皮むき間伐 in 糸島、真名子キャンプ場

林業、間伐作業って重労働で、プロにお任せするしかない…。
そんなイメージは多くの人が持っていると思います。

NPOいとなみでは、子どもから大人まで参加できる間伐方法、“皮むき間伐”を広げています。
8.jpg

昔から森と共に生きてきた私たち。
でも、その存在すら感じないまま生活できてしまう今の時代。
もう一度、自然の声に耳を澄まして、人と自然が共にある。そんな、なつかしい未来を創造していけたらと思います。

今年は糸島の真名子キャンプ場で皮むき間伐を行えることになりました。
この森は糸島市が植林も進めており、いろんな広葉樹の茂る、どんぐりの森になる予定です。
2.jpg

過密人工林の多い日本の森。
間伐後の森には光が入り、木々たちは、より太く健康に育っていきます。
皮を剥いた木は、このまま乾燥し、1年半から2年半で木材として利用できるようになります。

今回のワークショップには子ども達も参加して、森のいのちを感じながら、間伐していきました。
7.jpg 11.jpg 

もちろん大人も、真剣です。「どの木を残そうか…間伐しようか…」
木の断面積を計算し、未来の森を創造しながら進めていきます。

9.jpg 10.jpg 

お父さんと娘さん。2人の共同作業。とてもキラキラした光景でした。
13.jpg 15.jpg

こちらは…剥いた木の皮で何やらせっせと作り始める、心は少年のお2人♪
18.jpg

な・なんと!すべり台の完成!!
樹皮についた水分のおかげで、滑る~滑る~!! 唯一無二の最高なすべり台♪
P7250301.jpg 19.jpg

今回、皮むき間伐のワークショップに参加して頂いた皆さま。本当にありがとうございました。
作業後の笑顔◎キラキラ眩しいです!

20.jpg

皮を剥くということは、いのちを頂くこと。
水分を通さなくなった木は、立ち枯れし、いのちを終えます。
枝葉が枯れたその隙間から、森に光が差し込み、
次の木々たちの、新しいいのちに生まれ変わっていくのです。

私たちの暮らしを支えてくれている森。
その森が健康でありますように。
そのいのちの恵みに感謝する、とても大切な時間となりました。


スポンサーサイト
  1. 2015/08/04(火) 22:43:59|
  2. 森部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/7/2 竹皮拾い | ホーム | 2015/07/24 皮むき間伐に向けて-真名子木の香ランドで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://npoitonami.blog.fc2.com/tb.php/39-461b2523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。